独自のネットワークにより、豊富な販売経路から再販売先をご提案致します。 国内販路、海外販路、ネット販売、実店舗販売を行っております。 お客様のご希望に合わせて、再販売先の提案をしております。
株式会社シャフトエンタープライズ
10:00~18:00

在庫処分について メリット・デメリット

在庫処分といってもいろいろな方法があります。
それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

廃棄処分

廃棄処分のメリット廃棄処分のメリット廃棄処分を依頼するだけなので、最も簡単な方法と言えます。
在庫整理や仕分け作業の必要が無いので時間もかかりません。
また、安価に商品が市場に出回るのを回避できます。
在庫の一括処分が可能です。

廃棄処分のデメリットデメリット商品を廃棄してしまうので、商品を必要としているお客様の手に渡りません。
エコ(自然環境保全)の視点から見ると、商品生産にかけられた労働力や天然資源の無駄遣いと指摘されます。
単純に廃棄処分の経費がかかります。
倉庫や在庫管理費用は削減できますが、資産計上されていた在庫分の資産が損失されます。

セール・特価販売

メリット廃棄処分のメリットセールや特価品として在庫を販売するので、スケジュール管理がしやすく比較的容易に在庫を減らせます。
在庫品の販売利益が発生するので、在庫の現金化ができます。

デメリットデメリット定価での商品販売が困難になる可能性があります。
ブランド毀損につながる恐れがあります。
再販売の人件費などの経費が発生します。
在庫品の一括消化はまずできません。

在庫買取業者への依頼

メリット廃棄処分のメリット対面での交渉も依頼できるので安心感があります。
コミュニケーションが取りやすいです。

デメリットデメリット打ち合わせの時間が必要です。
見積依頼など一定の時間がかかります。
在庫買取業者によって得意・不得意ジャンルがあるので、商品分野によって業者を分ける必要が発生します。

在庫買取サイトへの依頼

メリット廃棄処分のメリット再販売経路を多数保有しているので、ブランド既存の心配がありません。
遠隔地でも対応が可能です。
取引に時間がかかりません。

デメリットデメリット対面での交渉は基本的に無いので、対面での取引に比べて不安感があります。
見積依頼など一定の時間がかかります。