独自のネットワークにより、豊富な販売経路から再販売先をご提案致します。 国内販路、海外販路、ネット販売、実店舗販売を行っております。 お客様のご希望に合わせて、再販売先の提案をしております。
株式会社シャフトエンタープライズ
10:00~18:00

小売チェーン店 流行の商品の在庫処分 

数年前に流行った迷彩柄の服が多数残ってしまい在庫処分のご相談を受けました。
全国展開されている小売チェーン店様です。

一時は迷彩柄も人気があってよく売れていましたが、最近では売れにくくなっています。
スポーツ・アウトドア用品では衣料品もよく見かけますが、普段遣いの衣料品では殆ど見かけなくなりました。

福袋として販売しようかと考えていたそうですが、断念したとお話がありました。
福袋はお得感もあり、よく売れるアイテムです。
年末や年始などは福袋を購入するイメージを持たれている方も多くいます。

福袋と在庫商品が関係あるのかと思われるかもしれませんが、一昔前はよく使われた手法で、アパレル店の在庫品を福袋に混ぜて販売消化していました。
しかし、ここ数年は福袋の見える化が進み、福袋というかセット販売のような状況となっています。
特にヤング向けの商品で多く見られます。
在庫品を混ぜて販売していると、流行に敏感な若年層は流行遅れの商品が混じっていることに気づいてしまいます。
そこで若年層の福袋離れが起こり始め、アパレル店側が対策を打ちました。

最近の福袋は、透明な袋に入った中が見えるものや、中に入っている商品があらかじめ設定・展示してあり、ほしい商品の入った福袋を選んで購入する、といったかたちです。
小売店も福袋用の商品を企画して受注生産しているような状況です。

こんな状況では、福袋に在庫品を入れるだけでも、口コミやネットで叩かれてしまいそうです。
特に、迷彩柄を入れてしまうと、いかにも在庫商品感が増すので使うに使えません。

今回は迷彩柄でしたが、特徴的な流行商品すべてに言えることです。
最近では、数年前に流行ったペプラムのスカート・ワンピースやレースガウンなどレース素材のトップス、ボタニカル柄なんかも当てはまりますね。
見た目や素材がわかりやすいので、一目で数年前に流行した商品だと認識されてしまいます。
その商品が入っているだけで、すべてが在庫処分品に見えてしまい、逆に売れにくくなってしまうでしょう。

アパレルショップはトレンドを意識した品揃えが大切なため、特徴的な商品の在庫処分には常に悩まされています。
福袋としてのセット売りも断念するなら、セールや値下げ品として販売するしかありませんが、それでも在庫品をすべて売り切るのは難しいでしょう。

弊社では、売れにくい商品でも一括在庫買取を行っております。
在庫を抱えて困っていらっしゃる方は、ぜひご相談ください。

今回の事例

自店舗では販売できないが、倉庫に置いておくわけにもいかないのでと連絡をいただきました。
一部店舗に残っていた商品も着払いでの発送OKとのお話でしたので、弊社で一括在庫買取をさせていただきました。

迷彩柄アパレル8種類
商品単価:190円
商品点数:約2000点