独自のネットワークにより、豊富な販売経路から再販売先をご提案致します。 国内販路、海外販路、ネット販売、実店舗販売を行っております。 お客様のご希望に合わせて、再販売先の提案をしております。
株式会社シャフトエンタープライズ
10:00~18:00

法人が余剰在庫を抱えてしまう理由

法人は余剰在庫を抱えてしまう事がよくあります。
これは商品生産・販売を行っている企業であれば、まずほとんどの企業が悩む問題だといって良いかもしれません。
法人在庫はある意味では当たり前のようになってしまう所があるからです。

余剰在庫はあったほうがいい⁉

まず、企業とは最大限に利益を獲得することが至上命題となります。
製造業の企業は出来るだけの生産能力でフルに商品を生産します。
そして、販売を行っている企業は、消費者のニーズに応えるための商品量を常に整備する努力をします。

後はこの商品がすべて売れれば問題は何もありません。
ですが、すべての商品が販売できるのかどうかは予測はできても実際にはやってみないとわかりません。
常にどれだけ商品が売れるのかを予測して生産量を考えるという事を企業はしなければなりません。

その時に利益を最大にするという事を考えると、在庫切れというのが一番恐れる事だといって良いでしょう。
100個の商品を販売したい時に、99個で一個の品切れが起きたということになれば、その分だけ利益を逃してしまいます。
逆に残り1個が売れなくて1個の在庫を抱えてしまったという時には、販売利益そのものは出ていて、1個の生産コストのみが無駄になったという事になります。
つまり、このコストは損になるわけですが、ぴったりと販売量を合わせることは出来ないのですから、これは仕方がないという判断をすることになります。
というのは、品切れの場合は利益がもう出せない事になりますが、在庫として持っている分には次の注文が来れば利益になる可能性もあるわけです。
企業としては常に在庫はある程度は確保しておきたいと考えるわけです。
利益が最大限に出るという可能性を考えれば、その可能性をなくしてしまう事は自分達の活動そのものを否定しているようなものだと考えて良いかもしれません。

在庫は無いよりは合った方が良いというのが基本的な考え方としてあります。
無いモノは売れませんが在庫としてあるものであれば、販売をして利益を出すことを期待できます。

余剰在庫の管理

ほとんどの企業は余剰在庫を抱えていて、後はその管理をどうするのかを常に考えています。
在庫はないよりはあったほうがいいというのが企業の基本的な考え方です。
ですが、この在庫というのは売れない場合は単に維持管理コストのかかる負債になってしまいます。
在庫管理の注意は常に必要です。

保管の為に、土地や建物を借りているような事も多くて、実際は維持管理にかなりのコストがかかっているというケースも少なくはありません。
ですから企業は常にこの在庫管理との戦いをしていると言えます。

余剰在庫とうまく付き合う

商品生産を行う場合、マーケティングを行ってまず需給の予測をします。
予測を参考に商品生産をして、ある程度の余剰在庫を確保した上でビジネスをするのが一般的な常識となっています。
後はその管理にかかる費用を出来るだけ安くすることで、コストをかけないようにして、利益を出来るだけ圧迫しないようにするようにしているわけです。
在庫の維持管理費用なしで管理できるということになれば、利益を圧迫することにならないので、出来るだけそうなるようにしてビジネスを行うように運営しています。