独自のネットワークにより、豊富な販売経路から再販売先をご提案致します。 国内販路、海外販路、ネット販売、実店舗販売を行っております。 お客様のご希望に合わせて、再販売先の提案をしております。
株式会社シャフトエンタープライズ
10:00~18:00

余剰在庫のリスク

多くの法人では在庫管理を適切に行っていることが多いものです。
法人在庫を適切に管理することは、法人を運営する上で非常に重要な要素となっています。
また、在庫も全て資産であることから単年度で販売することが非常に重要なポイントとなっており、在庫が年度をまたいだり、翌年度の在庫に計上されてしまった場合などはその管理費も含めて大きな経費となってしまうため、法人の利益を圧迫することにつながってしまうので十分に注意をしなければなりません。

キャッシュフローの悪化

法人のキャッシュフローは一般的には単年度で収束することが望ましいと考えられており、年度をまたいだ場合にはその分が来年度への重要な負荷となります。
基本的に赤字の場合にはこれを持ち越す事は株主やその他の投資家に対しても悪いイメージを与えてしまうことになり、また経営上マイナスポイントを起こしてしまうことにもなるので様々な点で問題を引き起こす危険性をはらんでいるのです。
さらにその法人が株式会社であった場合には投資家に対する影響も大きく、場合によっては資金を引き上げられてしまうといったリスクも生まれてしまうことから注意をしなければなりません。

商品価値の低下

余剰在庫は商品価値の観点からもマイナスのポイントとなってしまう要素が非常に大きくなっています。
商品は製造した直後が最も高値で販売できる価値を持っており、時間が経過次第事なるにつれてその価値が低下するのが一般的です。
市場に多く流通し多くの人の目に留まることでその価値が低下する傾向があるため、1部の希少価値の高い商品を除いては余剰在庫は商品価値を悪化させる要因となってしまうことに注意をしなければならないのです。
在庫となってしまった商品は時間が経過するほど、商品自体の価値も低下し、販売もしにくくなってしまいます。

在庫管理のリスク

さらに、余剰在庫は管理経費がかかります。
多くの法人は在庫を保管するための倉庫をレンタルで使用していることが多く、その経費は在庫が多ければ多いほど膨大になります。
自社倉庫であっても倉庫の管理費用がかかってしまうほか、その余剰在庫のために新たな商品を保管することができなくなってしまうなどリスクを伴います。
そのため総合的に経営を圧迫することになり、販売できない商品に経費をかけている状態になってしまいます。

まとめ

余剰在庫リスクはこのような観点から非常に企業の経営に大きなダメージを与えるものとなることが少なくありません。
在庫を適正に管理するとともに、そのリスクを軽減させるため計画的な生産と販売状況の適切な管理を心がけることが非常に重要となります。
そのためにはキャッシュフローを適切に把握し、生産量のコントロールを柔軟に行うなど業務の管理面で改善を行わなければなりません。
余剰在庫リスクは多くの法人で比較的軽く考えられている傾向がありますが、経費を圧迫し経営資源を無駄遣いしてしまう要因となる危険性が高いので、常に注意をしなければなりません。