独自のネットワークにより、豊富な販売経路から再販売先をご提案致します。 国内販路、海外販路、ネット販売、実店舗販売を行っております。 お客様のご希望に合わせて、再販売先の提案をしております。
株式会社シャフトエンタープライズ
10:00~18:00

在庫品の海外輸出

在庫処分に困っている企業は意外と多いです。
国内で予定数量が販売できず在庫となっているものを抱えている場合には、これを早く処分しないとさまざまな経費が圧迫されてしまい、最終的には経営に大きな影響与えることも少なくありません。
在庫商品の販売予定の利益の欠損のほか、在庫として保管する際の経費がかかるほか、販売利益の予算未達のための様々な措置などを行わなければならないこともあるため、最終的には安い価格でも販売をしてしまう方が良いと考えられるケースも多いです。

この在庫を減少させる方法の1つとして、海外輸出を行う方法があります。
日本市場では販売できない商品であっても、海外に輸出をすることで販売をすることができる可能性があるのです。
しかしそのためには様々な手順を踏まなければならず、また法律的にも十分に注意をしなければいけないポイントがいくつかあります。

法規制の確認

特に法律の面ではこれに違反した場合様々な処罰を受けなければならないので、企業経営に大きな影響を与えてしまうことがあるため、十分に注意を払うことが必要となるのです。
場合によっては国同士の交渉になってしまう危険があるため十分に注意をすることが必要になります。
海外輸出を行う場合には法律的な部分で輸出規制に反していないことを入念に確認をすることが必要です。
日本と相手国とのあいだには個別に輸出規制やその他の情報の流出等の規制が締結されていることがあり、対象国によっては厳しい処罰を受けてしまうこともあるので十分に注意が必要です。
事前にこれらの情報を入手し厳格に確認をすることが求められます。

海外市場の調査

また十分に市場調査を行うことも必要です。
海外に輸出をするためにはその運送費や税関の経費など様々な費用がかかるため、これらの経費を回収することができる価格で販売しなければ利益を得ることができないのです。
設定した価格で対象国で販売することができるかと言う点について事前にマーケティングを行い、明確な根拠を取り付けることが必要となります。

さらに海外輸出をする場合には相手国に対する輸出の影響も十分にかんがみることが重要です。
一般的に在庫処分で海外輸出を行う場合には期間限定の商品となってしまうことが多いため、先方の需要を十分に確認しながら販売することが必要となります。
そのため、在庫を一度に放出するのではなく、販売の状況を確認しながら定期的な輸出をする場合もあります。
再販売先の状況にもよりますが、こういった戦略を立案することも非常に重要な要素となっています。

まとめ

日本国内で販売できなかった商品が海外で受け入れられると言う保証はありません。
そのため、海外に輸出をする場合には様々な調査を入念に行い、その動向を見極めることが重要です。
加えて、特に初めて輸出をする場合などは企業のネームバリューも大きなインパクトを与えるものとなりますので、これらの条件に関しても十分に確認を行い、その影響度を予測した上で判断を行うことが必要となります。