独自のネットワークにより、豊富な販売経路から再販売先をご提案致します。 国内販路、海外販路、ネット販売、実店舗販売を行っております。 お客様のご希望に合わせて、再販売先の提案をしております。
株式会社シャフトエンタープライズ
10:00~18:00

海外輸出する際の注意点

法人在庫品を海外輸出したいと考えている場合は、注意点があるので行動する前にしっかりと確認して理解を深めておくようにすることが大切です。
海外輸出の際には証明書が必要です。
この証明書に必要な項目について解説します。

証明書の準備

海外輸出をする場合は、事前にインボイスを用意しておくようにします。
日本から外国に向けて荷物を送る場合、必須となってくるものがインボイスです。
インボイスとは、輸出する側がこのような物品を他国に向けて送るということを示す証明書であり、必ず作成しなければいけません。
発送先や発送元といような国際配送を行うときに重要となってくる情報をはじめ、商品・着地・出荷地・取引条件・金額・数量などといった項目にもしっかりと記入するようになっています。
この書類を見ることで、どのような荷物がどこからどこまで送られるのかということなどが一目見ただけで理解することが可能です。
この書類に記載されている情報をもとにして、輸入する国が輸出する国に対して支払いをしていきます。
関税などを通して税金を納めることで、無事に送付された荷物を受け取ることが可能です。

証明書の種類

インボイスにはいくつか種類が存在するので、商品の目的に合ったものを選択することが大切となります。

プロフォーマ

種類の一つ目はプロフォーマで、これは見積もりとして作られるものです。
価格などに変更が生じる場合もあるため、基本的には正式な場面で使用することはありません。
あくまでも仮のものであるという位置づけとなっています。

コマーシャル

二つ目はコマーシャルと呼ばれるものであり、これが正式なものとして利用されています。
ここに書かれている情報をもとにして支払いを進めていくので、請求書と同じような意味合いです。
通関で際税率を計算する時にも用いられるので、漏れのないように記入しておくことが重要です。
万が一不備があった場合は、更正申告や修正申告が必要となってきます。
修正するために時間がかかってしまうこともあるので注意が必要です。

シッピング

三つ目はシッピングと呼ばれるものであり、これは配送指示書や納品書として使われています。

カスタムズ

四つ目はカスタムズという税関を対象とした書類です。
海外輸出をしたいという場合に用いられるもので、輸出先の国によってこの書類を作らなければいけません。

商品代金が発生しない場合の豆知識

無料でサービスを提供するという場合にもインボイスには価格をしっかりと明記する必要があります。
コマーシャルであったとしても支払いをしなくても良いというケースも存在します。
サンプルとして商品を送りたいという場合は、無償という形で送るケースも出てくるでしょう。
あるいは個人で使用することを目的としていたり、プレゼントという形で外国に住んでいる相手に商品を渡したいというときもあります。
このような場合は価格を記入する欄には通常の価格を書くようにします。
その上で”No Commercial Value”と書いてある場合には、支払いを行うということはありません。
金額を記載せずにいると”No Commercial Value”と書くことができなくなってしまうので注意が必要です。